未現象の整理

エチカは森にいる

陽光が地に届かないまでに陽樹と陰樹の生い茂った深い森の中にいる
雨上がりで湿った空気が立ち上り
朽木の甘い香りとミケトゾアの発色が
エチカの持つ2つの属性に知覚される
「ポトッ」と音がして足元に転がるアベマキの実
顔を上げると葉と葉が擦れ合い
小さな光の粒が瞼に刺さる
眩しくて目線を下に戻すと
朽木のミケトゾアが移動して子実体をつくる

エチカは森にいる

手には花を握り
光の中を歩く

-