梅花美月展

繋ぐII~Tsunagu in Nagoya ~

4月8日(木)〜25(日)(月火水休)

この度、K Art Studio企画、梅花美月展を開催できることに感謝いたします。K Art Studio
では、茨城県日立市の「詩穂音」と合同企画で行われた『4人展』、その後『宇宙派展』に
出展し、個展は今回初めての開催となります。私の作品の主なものは、私が住んでいる茨城
県常陸大宮市特産の「西ノ内和紙」の原料を使用し、和紙を漉くところから始まります。緑
系の作品が多くなったきっかけは2011年3月11日に起こった東日本大震災でした。震災によ
って家や建物が壊れ流され何もなくなってしまった絶望的な状況の中、気付けば草や木は何
事もなかったかのように力強く生き生きと緑を増やしていく。 目前に広がるその景色は私に
とって希望の色に思えたのです。

今、地球全体がコロナ禍ではありますが、この先には必ず希望があると信じ、緑をベースに
した新作を制作しました。また、作家として昨年20周年を迎え、8月に「詩穂音」にて個展を
開催した際に制作した、日立市が舞台になっている小説『煙突のある街』をモチーフにした
作品も、この度一緒に出展いたします。

個展のタイトルでもある『繋ぐ』は、「K Art Studio」と「詩穂音」との繋がり、そしてアー
トを通して人と人、心と心が繋がっていくことをテーマにしています。名古屋と茨城、距離
はあれどこの展覧会が何かしら「繋ぐ」ことの一助になることを願っております。

梅花美月 記



希望の灯火を消すことはない。

オンラインに慣れてしまうと、実際にその場へ向かうことの意味を失ってしまう気がする。だからこそ我々
は、その場へ行って、実際に会う意義を見出すべきなのだ。茨城から名古屋、名古屋から茨城へ。都会と呼
ばれる東京も大阪を介さないのであれば、その他の場所を「地方」と呼ぶ必然はあるまい。その「場」が
繋がることに、真理が生まれる。異なる場所の人々が繋がると、始めに生じる違和感と摩擦は次第に理解
と調和へ転換する。このパラダイムシフトを経験することによって、人は幾つになっても育っていく。人
間は、学ばなければならない宿命にある。他の場所の人間を排除する暇など、今だからこそ尚更ない筈だ。
それでなくとも新世界秩序により、世界中に溢れている企業によって、何処へ行ってもアメリカにいるよう
な気がしてしまう。 人間が一人一人異なるように、その場にある個性を失ってはならない。梅花美月は主
に茨城で活動しているが、東京、小田原、兵庫、岩手、静岡などの場所の壁に作品かけたことがある。私
が見たのは東京の展覧会であり、結構前のことである。今、眼の前にある作品を見ると、何よりも心が惹か
れるのは、複雑に入り混じる色彩である。この微細な色彩の変化を可能にしているのは、梅花自らが漉く和
紙の力であろう、同じ色彩を置いても、和紙の凸凹によって異なる表情を浮かべる。和紙の繊維に絵具が自
然に入り込み、独特の造形を生み出している処もある。一枚の画面に三色程度しか使用していないにも関わ
らず、色は重なったり単独であったりして、多彩な感情を見せる。光が当たる角度によって、その感情は更
に魅力を増す。梅花は多く使用する緑に希望を込めていること自体、梅花の作品は何時の時代でも不滅に輝
き続ける。我々は希望を失ってはならない。困難であればあるほど、希望を創出していくべきなのだ。今回
の展覧会で、単に梅花の作品が茨城から名古屋へ移動するだけではない。ギャラリーと梅花のファン、その
場に居合わせた者達、その様子をオンラインで見ている人達と、多角的な心が動いていく。すると、オンラ
インでの繋がりを再発見する機運が齎される。体面が前提であっても、オンラインのみで繋がることが可能
なのである。それは何故か。着実な信頼関係が保たれればいいのではないか。オンラインを乗り越えた信頼
関係を、築けばいいのではだろうか。この展覧会が、新しい展示方法の起爆剤になることを願って止まない。
これから更に酷い時代になろうとしても、我々は心を繋ぎ、希望の灯火を消すことは出来ないのだ。

(宮田徹也|日本近代美術思想史研究)


 

尚、今回の個展は、個人宅へのDM発送は行っておりませんので、予めご了承ください。